両思いになれる!?効果の高いおまじない3選

片思いの人や以前から気になる人とは両想いになったり、お近づきになりたいものです。

しかし、なかなか自分から告白したり、積極的に近づいたりするのはちょっと恥ずかしいと思う人にとっておきの恋愛おまじないがあります。

おまじないをする時は純粋に心から信じる気持ちを持てば、よりスムーズにおまじない効果を感じる事ができます。

今回は片思いの人や気になる人がいる人に実践して欲しいおまじないの3選をまとめたいと思います。

石鹸に意中の人の名前を彫って使いきる

用意する物は自分が好きなカラーや香りの石鹸を用意します。安全に石鹸に文字を彫る為に彫刻等やカッターなどを使用してください。

まず、清潔な手で石鹸の片面に意中の人の名前を彫ります。次にもう片面に自分の名前を彫ります。両面ともにフルネームで名前は彫りましょう。

意中の相手と自分の名前を彫った石鹸を毎日使用して、自然に使い終わった時に2人の関係に何かしらの変化が訪れると言われています。

ポイントは自分以外の人は石鹸を使うと意味がないので、石鹸箱などに入れて使いましょう。

満月の夜に意中の人の名前を白い紙に111回書く

用意する物は白い紙や画用紙と銀色のペンやマジックを用意しましょう。

満月の晩の8時を回ったら、好きな人の名前を111回銀色のペンで書きましょう。名前を書く時は願いを込めて書きましょう。

111回名前を書いた紙は次に満月の晩まで仕舞います。次の満月の晩の8時を周ったら、紙を自分の部屋の自分が好きな場所に貼りましょう。

自分が好きな場所で、家族の目には付きにくい場所がベストです。翌朝に紙をそっと外して安全な場所で燃やしましょう。

意中の相手と何かしらの変化が1カ月以内にあると言われてるおまじないです。

赤い糸のおなじない

用意する物は赤い糸です。(細い糸でも毛糸でもOK)清潔な身体と気持ちが安定している夜11時以降におなじないは実行しましょう。

まず、左の薬指に赤い糸を三週巻きつけて結びます。長さ30センチ程度で糸を切って、意中の人と繋がってるイメージを持って眠りにつきましょう。

このおまじないは3日間連続でする事に意味があります。

古くからある恋愛まじないとして知られているものですが、気が付くと意中の人があなたの事を意識する様になるでしょう。

恋愛のおなじない3選。簡単に試すことができるので、片思いや気になる人がいる場合は是非試してみましょう。

おなじないの効果がきっと出ると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする